歯周病菌を改善することで口臭をおさえることができる

口臭がニオウと感じる場合その原因は何かということを考えてみてはどうでしょうか?

実は口臭の大半は歯周病によるものです。

特に歯周病は歯と歯の間に多く、歯冠ブラシで歯の間をこするとひどいニオイがしたり、出血したりすると歯周病菌によって口臭が発生してる場合があります。

私も過去、口臭がひどい時に歯間ブラシで歯の間をこすってみたのですが、かなりひどく出血して臭いも非常にひどかったです。

すぐに「口の中が腐ってる」と感じたニオイでした。

ひどいものでそれを放置しておくともっと歯ぐきが腫れたり、出血したり場合によっては化膿したりするみたいです。

もちろん口臭もひどくなるとか。

口の中というのはどうしても湿度や温度から歯周病菌が多く住み着きやすい場所なのですが、歯磨きだけでは歯周病は抑えられないとも言われています。

マウスウオッシュや歯間ブラシなどでしっかり歯磨きをすることが大事なのです。

これをしてないといつまでも口臭がひどくなったり臭ったりするようです。

口臭を改善するにはまずは歯磨きですがそれ以外の理由も探してみてはどうでしょうか?

私の場合はこれらのマウスウオッシュ、歯磨き、歯間ブラシに加えてなた豆歯磨き粉を使用することで口臭を大幅におさえることができました。

なかなか消えない口臭ですが、これらをするだけでもかなり口臭を抑えることができるのです。

もし口臭と歯周病菌の関係を知りたいのであればこちらも参考に

歯周病と口臭